• 印刷する

テイクオフ:プールサイドで、アクシ…

プールサイドで、アクションカメラ「ゴープロ」を一人いじくり回してみる。ケースなしで水深10メートルまで防水という仕様。「絶対に変態扱いされるから、やめた方がいい」との友人らの忠告を都合良く忘れ、性能テストに励んでみた。

カメラを構えながら勢いをつけてプールに飛び込むと、素早く駆け寄ってくるこわもての警備員。びくついていると、開口一番、「ちゃんとシャワー浴びたか?」とくる。「えっ、カメラ実験はいいのか」と思ったが、撮ってくれとポーズを決めてくる。

フィリピン人は、レンズへの抵抗感がやや希薄、だろうか。カメラを片手に少し街を歩くと、モデルに立候補してくる老若男女。たまに、すごく嫌がる人もいるが、距離を縮めやすい。後ほど撮影した画像を確認すると、ポートレートの山。散歩の目的はなんだっただろう、と首をかしげる日が続く。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

観光業優遇制度の10年延長案、議会を通過(02/22)

1月の訪日フィリピン人、13.5%増の3.6万人(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン