• 印刷する

テイクオフ:ピアスに真っすぐそろえ…

ピアスに真っすぐそろえた前髪。台湾人の妻のいとこで近所に住む中学生の男の子が、KPOP風のファッションにはまっている。韓国好きの母の影響を受けているそうだが、その母は実はベトナム人だ。

彼が生まれた2000年代前半の台湾は空前の国際結婚ブームで、ピーク時にはカップルの20%以上を占めたとも聞く。中でも多かったのが、彼の両親と同じ台湾人の夫とベトナム人の妻というペア。ベトナム人女性にとって、地理的に近くてかつ経済水準が比較的高い台湾での結婚生活は理想的だったという。

しかし、その後ベトナム人妻の数はだんだん減っていく。現在、ベトナム人女性の国際結婚の相手はアジアでは韓国人が最多だそう。台湾とベトナムの経済格差の縮小が要因といわれるが、親戚の食事会で母とKPOPの話題に講じる親子の姿をみると、ソフトパワーの差も一因ではと思ってしまう。(陳)


関連国・地域: 台湾韓国ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

1~5月の半導体生産機械輸出額、過去同期最高(06/19)

グーグル中華圏トップ、初の台湾人陳氏が就任(06/19)

古河電工の工場で火災、死傷者はなし(06/19)

JDI「財務安定化」急ぐ、株主は先行き不安視(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

国光生技、第2充てんライン21年量産開始へ(06/19)

桃園駅前の店舗賃料、サツドラがトップ(06/19)

精密金属加工の宇隆、台湾で生産拡大(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン