18年のPEZA投資認可、41%減の2900億円

フィリピン経済区庁(PEZA)は、2018年の投資認可額が前年比41.0%減の1,402億4,200万ペソ(約2,907億円)だったと発表した。同庁は、包括的税制改革(CTRP)第2弾で一部企業への税優遇に先行き不透明感が高まったことが大幅減につながったと指摘している。通年では2年ぶ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人は概して他…(07/22)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(07/22)

セブン、ATM設置へ 20年に300台、日本側は「検討」(07/22)

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/22)

トヨタ、ラグナ工場の生産ライン増強(07/22)

6月の国際収支、8カ月ぶり赤字(07/22)

6月外国人証券運用、3570億ドル売り越し(07/22)

19日為替:$1=51.040 ペソ(↓)(07/22)

運輸省、ハッチバック規制の期限撤廃(07/22)

企業連合、首都圏空港の改修で修正案(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン