景気の鈍化傾向続く、KDIが警鐘

政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は13日に発表した「経済動向1月号」で、最近の韓国経済について「景気の鈍化傾向が続いている」との判断を示した。内需の不振が続き、輸出にも陰りが見られるとした。 KDIは2018年8月まで、景気が改善傾向としていたが、続く2…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

若者向けITセンターが開所、韓国支援(05/20)

テイクオフ:お笑い芸人は韓国でも非…(05/20)

配車アプリ、サービス多様化 競争激化でもっと便利に(05/20)

4月輸出額2.0%減、半導体が低迷=確定値(05/20)

上場企業の実績、半導体業界の不振で減益に(05/20)

サムスン1Q半導体売上、34%減少(05/20)

KCC、米シリコーン大手の買収完了(05/20)

韓国国際協力団、中部都市のスマート化推進(05/20)

サムスン、西安工場への追加投資報道を否定(05/20)

現代自の4月販売、小型商用車好調で17%増(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン