• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアやニュー…

オーストラリアやニュージーランド(NZ)では、大麻の娯楽使用に対する合法化の声が根強い。NZでは医療用大麻の解禁に伴い、非医療目的での大麻吸引の可否を巡って国民投票の実施も計画されている。

大麻の影響について、よく吸っていたというドイツ人の友人は、合成薬と違って害はないと言うので、そんなものかと思っていた。一方、別のオーストラリア人の友人は、大麻の吸引で脳が駄目になると言い、それで弟がおかしくなったそうだ。そのせいで、絶対に大麻吸引は容認できないという。そんな中、オーストラリアの大学の研究者は、10代に一度でも大麻を吸っただけで、脳の神経細胞が「剪定(せんてい)」されてしまい、その後の脳の発育に大きな影響が出るとの研究結果を発表した。

オーストラリアとNZの大麻使用推進派は慎重にならざるを得ないようだ。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大同出資の豪生保企、個人向け保険販売へ(02/19)

WAの水素生産、日豪褐炭事業の競合に?(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

ニューカッスル港の拡張、ボタニーが反対(02/19)

テイクオフ:オージーにはお酒が好き…(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

〔政治スポットライト〕電力企統制法案、与党が総選挙の争点に(02/18)

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン