18年のオゾン濃度が過去20年で最悪、環保署

香港政府環境保護署(環保署)が発表した大気汚染の観測データによると、香港では2018年、オゾンの平均濃度が過去20年近くで最悪となった。サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。 オゾンの平均濃度(1立方メートル当たり、以下同じ)は52マイクログラムで、17年(51マ…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

JNTOが新テーマで誘客 全世代に照準、プロモ映像も刷新(07/18)

6月の訪日香港人1.7%増、20万人を突破(07/18)

本土客伸び率予測を下方修正、HSBC(07/18)

民主派団体、21日のデモ実施を発表(07/18)

小売販売額、19年は2桁減=業界団体が予測(07/18)

周大福、4~6月の香港・マカオは11%減収(07/18)

優品360、騰訊とスマート店構築で提携(07/18)

スシロー、8月に香港1号店(07/18)

HKEXトップ、「国際投資家が香港に懸念」(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン