BEPS防止措置が適用へ、日本との租税条約

日本財務省は11日、日本・シンガポール間の租税条約が4月1日に「税源浸食および利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約」(BEPS防止措置実施条約)の適用条件を満たすと発表した。多数国間条約の寄託者である経済協力開発機構(OECD)の…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール随一の観光…(01/24)

12月のCPI上昇率は0.5% 18年通年は2年連続プラス(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

トレンドマイクロ、AMEA統括本部開所(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

AIガバナンスの枠組み公表、ダボス会議で(01/24)

中小企業、サイバーセキュリティーを軽視(01/24)

クールジャパン機構、JFTDの株式譲渡(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン