ホンダ二輪の18年販売1%減 140万台で3年ぶり、19年も減へ

ホンダの二輪事業のタイ法人APホンダは12日、2018年の二輪車の新車販売台数が前年比1.4%減の140万4,000台だったと発表した。3年ぶりに減少した。同社によると、市場全体でも1.4%減少し、179万台だった。APホンダは同日、4車種の新型モデルを発表したが、19年の市場見通しは…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア出身の世…(01/24)

18年車生産、2百万台達成 歴代3位、19年も国内けん引見込(01/24)

18年の輸出台数0.1%増、3年ぶりプラス(01/24)

総選挙は3月24日、勅令受け選管が発表(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

タクシン派の首相候補未定、親軍派は現首相(01/24)

WHA、中国EC京東と物流事業の合弁会社(01/24)

発電GPSC、エネルギー回収事業を取得(01/24)

外食ゼン、5年以内に年商345億円へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン