• 印刷する

テイクオフ:バブルティー(タピオカ…

バブルティー(タピオカ入り茶飲料)業界の競争が相変わらず激しい。シンガポールにバブルティー好きが多いのか、それとも世界的なブームなのか。バブルティーを取り扱う店はまだまだ増え続けているようだ。

2017年に一度は市場から姿を消した台湾の「貢茶(ゴンチャ)」は、同年末の復活から着々と店舗の数を増やし、現在も新規出店を続けている。昨年11月に進出を果たした「老虎堂(タイガーシュガー)」の1号店では、すぐ隣の地場ブランド「LiHO」の店で閑古鳥が鳴いているのをよそに、今年に入っても若者の行列が絶えない。職場のあるオフィスビルには、当地ではまだ無名の台湾のバブルティー店が入居。昼時には客が列を成す。

飲み比べて競争の行方を予想してみるのも楽しそう。ただ行列に並ぶ体力のないアラサーとしては、結局一番すいている店に足が向いてしまうのだが。(薩)


関連国・地域: 台湾シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール随一の観光…(01/24)

12月のCPI上昇率は0.5% 18年通年は2年連続プラス(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

トレンドマイクロ、AMEA統括本部開所(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

AIガバナンスの枠組み公表、ダボス会議で(01/24)

中小企業、サイバーセキュリティーを軽視(01/24)

クールジャパン機構、JFTDの株式譲渡(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン