ラカイン独立調査委、証拠収集期限を延長

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を調査する独立調査委員会(ICOE)は、ロヒンギャの武装集団と治安部隊が衝突した2017年8月25日以降に起きた「事件に関する事実」の報告書と証拠の収集期限を現在の1月31日から2月28日に延長すると発表し…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

住商、インフラ事業を推進 コンソーシアムが鉄道改修着工(05/20)

コーポレートガバナンスコード、来年公布へ(05/20)

ロヒンギャ27万人に身分証、国連が発行(05/20)

ヤンゴンバス車両、6割が新車に(05/20)

海外への新規出稼ぎ者、4月は2万人(05/20)

家畜業者、銀行融資の金利見直し求める(05/20)

無許可の中国系バナナ農園が拡大、カチン(05/20)

CNGバス増加、日量65万立米のガス供給(05/20)

河川中州が中国企業に不当賃貸か=ザガイン(05/20)

国産映画が保存の危機、日本からケース寄贈(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン