外国車販売シェア18年は過去最高、首位ベンツ

【共同】日本自動車輸入組合が10日発表した2018年の外国メーカーの新車販売台数は、前年比1.1%増の30万9,405台と過去2番目の水準だった。軽自動車以外の自動車(登録車)に占める割合は国内全体の9.2%で過去最高だった。ブランド別ではドイツのメルセデス・ベンツが4年連続の首…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車ショーに活気 スズキは追加投資を表明(01/24)

日系データセンター、JCMクレジット取得(01/24)

自動運転車の工場新設へ、グーグル系が中西部で(01/24)

都市部で男性化粧品の需要増 身だしなみ意識向上、韓流影響も(01/24)

テイクオフ:中国では一般的に日本の…(01/24)

東電PGと東京ガスが検針実験 工研院と連携、台南モデル区内で(01/24)

結核検査キットを世界展開へ 栄研、フィリピン足掛かりに(01/24)

トヨタとパナが電池で新会社、業界の枠超え協力(01/24)

スズキが新型ワゴンR発売 車体拡大し快適に、月2万台目標(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン