• 印刷する

豪炭鉱でストへ、非正規労働者が賃上げ要求

オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州の石炭会社ウーロンゴン・コールが保有するウォンガウィリー(Wongawilli)炭鉱で、近く一週間のストライキが行われる。人材派遣会社と契約している作業員約100人が、賃金を近隣のほかの炭鉱で働く労働組合加入者と同じ水準に引き上げることを求めての行動だ。オーストラリアンが伝えた。

賃金の引き上げを要求されているのは、CASマイン・サービシーズ。臨時雇いとして約100人の作業員を同炭鉱に派遣している。CASによると、同社の時給が34豪ドル(約2,660円)であるのに対し、近隣炭鉱の正規労働者の時給は42豪ドルだ。

CASが賃上げをするには、ウーロンゴンからの請負費を引き上げる必要があるが、ウーロンゴンは同意していないという。

建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)のトニー・マーハ委員長は、人材派遣会社による非正規労働者に対する搾取の問題点を指摘した上で、与党保守連合(自由党・国民党)が適切な対策を取らなければ、次期総選挙で労働党に票が流れることになると警告した。

労働党のショーテン党首は「総選挙で勝利した場合、人材派遣会社と契約している労働者も同一労働同一賃金の対象にする」と公約している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの有名ミ…(01/24)

豪建設入札費、最大4.9%上昇 労働者不足や原材料費上昇で(01/24)

西シドニー空港高速道、建設に追加費用か(01/24)

NSW州与党、主要道へのEV充電施設設置(01/24)

〔政治スポットライト〕労働党、QLD州に水素産業ハブを公約(01/24)

財務省、失業率上昇時の家計負債水準を懸念(01/24)

豪政財界、気候変動への対応が急務に(01/24)

中国人CEO、成長市場のトップに豪選ぶ(01/24)

〔ポッサムのつぶやき〕富裕層上位1%の総資産、下位70%に匹敵(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン