《日系進出》帝人傘下の合弁、常州市に工場新設

帝人は11日、全額出資子会社の米コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス(CSP)が中国に設けた合弁会社が、江蘇省常州市に工場を新設すると発表した。自動車向けのコンポジット製品を生産する。投資額や生産能力は非公開としている。 3月に着工し、2020年度内に稼働…

関連国・地域: 中国-江蘇日本米国
関連業種: 自動車・二輪車化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ぜいたく品購入意欲衰えず 景気悪化も、香港・本土とも旺盛(01/24)

テイクオフ:中国では一般的に日本の…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

中国と覚書8件、インフラ支援多く(01/24)

周大福の19年3月期、既存店売上高は伸び予測(01/24)

昨年の見本市・展示会3800回 3.5%増、施設乱立など問題も(01/24)

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人(01/24)

マカオの18年旅行者、過去最高の3580万人(01/24)

人民銀、新方式で市場に4兆円資金供給(01/24)

習主席、経済リスクを警戒=幹部らに対策指示(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン