国連、ロヒンギャ問題調査団への割当減額

国連は、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャなどに対する人権問題の調査団向けに、2,800万米ドル(約30億2,200万円)の予算を承認した。予算案の2,900万米ドルを100万米ドル下回った。ミャンマー・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 ■中国は半減を主張 米ニューヨーク…

関連国・地域: 中国ミャンマーインド日本ロシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

ヤンゴンバス電子決済、年内に稼働目指す(01/21)

中銀、民間銀に3年以下の住宅ローン認可(01/21)

石油公社、マグウェーで26日に試掘開始(01/21)

10~12月の貿易額は84億ドル、1億ドル増(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ネピドーに緊急医療訓練センター、国内初(01/21)

ヤンゴンのカンタヤセンター、正式開業(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン