国連、ロヒンギャ問題調査団への割当減額

国連は、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャなどに対する人権問題の調査団向けに、2,800万米ドル(約30億2,200万円)の予算を承認した。予算案の2,900万米ドルを100万米ドル下回った。ミャンマー・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 ■中国は半減を主張 米ニューヨーク…

関連国・地域: 中国ミャンマーインド日本ロシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

上半期FDIは目標の32% 3月、製造業好調も2億ドル未満(04/23)

東京センチュリー、ヨマ系カーリースに出資(04/23)

10~2月の対日輸出、6億米ドルで大幅黒字(04/23)

ヤンゴン、外資対象に低価格住宅開発入札へ(04/23)

1月初旬以降の国内燃油価格、上昇続く(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

中国、ミャンマー産希土類の輸入縮小へ(04/23)

報道の自由度138位、昨年から1ランク後退(04/23)

ヤシ糖価格が下落、生産者の収入が減少(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン