年内に部分供用開始と運輸相 パティンバン港のカーターミナル

インドネシアのブディ運輸相は9日、西ジャワ州スバン県に円借款で建設されているパティンバン港第1期工事について、年内に部分供用の開始を目指すと明らかにした。完成車の輸出入を行うカーターミナルを利用できるようにする。パティンバン港は、日系自動車メーカーが集積する工…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:配車アプリで呼んだ車に…(05/20)

プラごみ輸入の禁止を計画 各国の規制導入で輸入量は3倍超(05/20)

印のタタ、年内にトラック7モデルを投入(05/20)

ランドローバー、新型イヴォークを年内発売(05/20)

アストラ、4月の自動車販売台数は7%減(05/20)

ホンダ4月販売、前月比43%増の1万1631台(05/20)

三菱自CEOに加藤氏、益子氏は会長専任(05/20)

西ジャワの高速道で一方通行、30日から(05/20)

首都北部の人工島、CとDをつなぐ橋建設へ(05/20)

3月対外債務、7.9%増の3876億ドル(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン