日本人デザイナーを告訴、契約巡りトラブルか

【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは8日、ファッションブランド「ケンゾー」の創業者として知られるデザイナー高田賢三氏が、韓国の生活用品製造業者とデザイン提供契約を巡ってトラブルとなり、昨年7月に詐欺容疑で韓国警察に刑事告訴されていたと報じた。 報道によると、告訴…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランスとドイツの国境…(06/27)

日韓関係、企業の懸念相次ぐ 討論会でリスクに言及(06/27)

トランプ氏が財界トップと会談か=韓国紙(06/27)

サムスン、ドイツテレコムと5Gなど協力へ(06/27)

サムスン次期折り畳みフォン、携帯性重視か(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

年内にソウル自動運転地図を作成、ネイバー(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

LG、フィンランドQtとOS技術開発で提携(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン