日本人デザイナーを告訴、契約巡りトラブルか

【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは8日、ファッションブランド「ケンゾー」の創業者として知られるデザイナー高田賢三氏が、韓国の生活用品製造業者とデザイン提供契約を巡ってトラブルとなり、昨年7月に詐欺容疑で韓国警察に刑事告訴されていたと報じた。 報道によると、告訴…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…(02/20)

板橋がIT都市の地位確立 域内売上高が拡大、企業交流活発(02/20)

1月自動車産業、現代自好調で全項目増加(02/20)

現代自の主力セダン・ソナタ、8代目生産(02/20)

シルクエアー、5月に釜山直行便を就航(02/20)

現代自が外部監査人交代、30年ぶり(02/20)

駐車場拠点にEVサービス、Eマートが拡大(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

JALサーチャージ値下げ、韓国は300円に(02/20)

配車サービスに牙向くタクシー、業者を告発(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン