モンサントの綿種子特許権、最高裁が認める

米国の農薬・種子大手モンサントが遺伝子組み換え(GM)の綿の種子に関して特許法に基づく技術の保護を求めていた裁判で、インドの最高裁判所は8日、同社の主張を認める判決を下した。ビジネス・ライン(電子版)などが伝えた。 この裁判は、モンサントが2015年、ライセンス契…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙の開票を前に、周…(05/21)

株価指数、過去最高値を更新 与党勝利の出口調査を好感(05/21)

選挙のネット広告費5億ルピー、BJP最多(05/21)

オリックス、IL&FSの風力事業を掌握へ(05/21)

125cc以上の二輪車販売拡大、大手が注力(05/21)

現代自、全車種対象に5都市でリース開始へ(05/21)

アショク、セネガルで小型バス400台受注(05/21)

再エネ利用の発電所、タミルナドが入札休止(05/21)

インド大手、HCM市にITセンター設立へ(05/21)

発電事業者、輸入石炭の二重課税解消を要請(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン