• 印刷する

商業省、外国企業のオフィス用品輸入を許可

ミャンマー商業省は、同国に事務所を構える外国企業と国際非政府団体(NGO)に、自社や事務所で用いるオフィス用品の輸入を許可した。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が8日伝えた。

商業省は昨年12月21日に通達を出した。対象になる外国企業には輸出入ライセンス、国際NGOには輸入に必要な登録番号の申請をそれぞれ義務付けている。

事務所運営に必要な品物を必要な分だけ輸入することを原則とし、再販は禁止する。違反した企業やNGOについては、ライセンスや登録番号を取り消す方針だ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保険開放、不動産市場が期待 ヤンゴンのオフィス需要が回復へ(02/21)

ヤンゴン外環道、東区間で円借款活用を検討(02/21)

日本の食品関連企業、ミャンマーで商機探る(02/21)

独メトロ、農業者の食品安全水準向上に注力(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

地場ザイカバー、敷地内で不当に通行料徴収(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

英DFID、ロヒンギャ避難民の支援継続(02/21)

韓国、ラカイン投資に関心=フェアにも参加(02/21)

ヤンゴン市議選、候補者274人の名簿を公開(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン