中国系縫製工場でスト、労働者再雇用で収束

ミャンマーの最大都市ヤンゴン北部ラインタヤ郡区の中国系縫製工場で8日、昨年末から続いていたストが収束した。工場を運営する慈星ニッティングが、解雇処分を下していた労働組合の指導者7人の再雇用を認めたため。ミャンマー・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 慈星ニッティ…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 繊維雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(21:03)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(19:19)

官民連携に力、リスク課題も 「投資有望国」再浮上へ(下)(02/18)

三思会がクリニック開業、医療法人で初認可(02/18)

年内にQRコード統一規格導入へ、中銀意向(02/18)

オンライン登記、未対応1.3万社を抹消へ(02/18)

国連特別報告者、将軍像反対デモ鎮圧を非難(02/18)

たばこ税の脱税企業の公表求める、議員ら(02/18)

エルニーニョ現象で猛暑を予測=気象当局(02/18)

ヤンゴンではしか拡大、1カ月で248人感染(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン