EU向けコメ輸出、15日に課税判断

欧州連合(EU)は今月15日、カンボジア産のコメに対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動について、最終判断を下す見通しだ。カンボジアのコメ輸出業者は発動に反対しているが、決定が先送りされることもコスト増につながるとして懸念している。クメール・タイムズ(電子版)…

関連国・地域: ミャンマーカンボジア欧州
関連業種: 農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都近接州で太陽光発電計画 入札募集開始、電力供給源を拡大(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

〔寄り道〕その後ろ姿はこの国の…(02/22)

日通、新倉庫建設を正式発表(02/22)

官民フォーラム、3月29日に開催(02/22)

鉱山アンコール、油田開発に意欲(02/22)

コッコン州のリゾート開発、当局が承認(02/22)

首都北部の地価2桁上昇、大型商業開発で(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

カンポットに水処理施設を建設、地場アンコ(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン