失業率3.8%で17年ぶり高水準 18年統計、雇用政策行き詰まり

韓国統計庁が9日発表した2018年の雇用動向によると、失業率が3.8%と17年ぶりの高水準となった。就業者の増加幅も2009年以来、最低だった。最低賃金の急激な引き上げなどが背景にある。文在寅(ムン・ジェイン)政権が掲げる「所得主導の成長」の行き詰まりが一段と鮮明になった。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

労働時間短縮で雇用40万人減、民間研究所(17:06)

現代自を家宅捜索、リコール規定違反の疑い(17:42)

「北は核を放棄せず」、元北朝鮮公使が指摘(17:48)

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…(02/20)

板橋がIT都市の地位確立 域内売上高が拡大、企業交流活発(02/20)

1月自動車産業、現代自好調で全項目増加(02/20)

現代自の主力セダン・ソナタ、8代目生産(02/20)

シルクエアー、5月に釜山直行便を就航(02/20)

現代自が外部監査人交代、30年ぶり(02/20)

駐車場拠点にEVサービス、Eマートが拡大(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン