天津市の大気汚染、昨年は改善進む

天津市生態環境局大気処の楊勇処長は7日、2018年の大気汚染の改善状況を発表した。「重度汚染」となった日数は10日と前年に比べ13日少なく、過去最良の水準だった。8日付天津日報が伝えた。 微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は52マイクログ…

関連国・地域: 中国-天津
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

加工製品からアフリカ豚コレラ、複数企業で(12:27)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

テイクオフ:英国生まれで中国でも人…(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

米中貿易協議は継続 今週米首都で、期限前合意目指す(02/18)

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン