11月のCPO輸出、4%減の322万トン

インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)は、昨年11月のパーム原油(CPO)とパーム油由来品(バイオディーゼルと油脂化学製品を含む)の輸出量が、前月比4%減の322万トンだったと発表した。中国や欧州諸国など主要な輸出相手国で植物油の在庫量が増加したため、CPOの…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(19:07)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(20:43)

B30の使用義務化で軽油輸入を大幅削減へ(20:56)

5月の公式原油価格が低下、貿易戦争の影響(06/15)

製錬所建設、25%の進捗指示 年内未達なら鉱物の輸出禁止も(06/14)

研究開発や職業訓練に大幅減税、月内公布(06/14)

エネ鉱省、B30の公道試験走行を実施(06/14)

コモド島、21年から1年間閉鎖=州知事(06/14)

新法施行前にハラル工業団地の開発促進(06/14)

インドネシアの都市開発に5千万ドル融資(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン