• 印刷する

起業家省、第3の国民車試作に2千万リンギ

マレーシアの起業家開発省は、マハティール政権が推し進める「第3の国民車構想」でのプロトタイプの試作に向けて、2,000万リンギ(約5億3,000万円)を割り当てる。8日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。

モハド・レズアン・ユソフ起業家開発相によると、資金源は既存の助成金から賄う。同相は「われわれは新国民車プロジェクトに向けた環境を整える立場」と述べ、あくまで民間主導での事業になることを強調した。

また、同省ではプロトタイプの製作に関して、最終候補数社を絞り込んでいる段階だという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:札幌の実家にエアコンが…(06/17)

ドライバーの契約解消5割も 配車サービス、免許義務化で試算(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

RM=25.9円、$=4.16RM(14日)(06/17)

メルセデス、域内初のフル電動SUVを発表(06/17)

ペトロナス、石化貯蔵施設が国内最大規模に(06/17)

開発大手エコワールド、中国電建と合弁設立(06/17)

建設GDB、首都圏で29億リンギ相当入札(06/17)

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン