今年の景況感、楽観維持も指数は過去最低

マレーシアの格付け会社RAMレーティング・サービシズは7日、2019年1~6月(上半期)の企業景況感指数(BCI)が2017年以来で最低水準に落ち込んだと発表した。特に建設業界の中小企業は「悲観的」な見通しを示している。8日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビルの入館登録をするた…(02/19)

容積率の制限で地価低下も KL市、市場の持続的成長を模索(02/19)

りそなビジネスセミナー、2年ぶりに開催(02/19)

RM=27.0円、$=4.08RM(18日)(02/19)

タッチンゴーのRFID、登録者10万人突破(02/19)

MAB巡礼サービス、当面は既存機材で対応(02/19)

航空券予約は3週間前、木曜出発がお得(02/19)

サイバージャヤの開発事業、建設作業に遅れ(02/19)

エアビー、個人民泊の届出手続きせず(02/19)

従来型メディア広告、18年は9%減(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン