今年の景況感、楽観維持も指数は過去最低

マレーシアの格付け会社RAMレーティング・サービシズは7日、2019年1~6月(上半期)の企業景況感指数(BCI)が2017年以来で最低水準に落ち込んだと発表した。特に建設業界の中小企業は「悲観的」な見通しを示している。8日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:札幌の実家にエアコンが…(06/17)

ドライバーの契約解消5割も 配車サービス、免許義務化で試算(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

RM=25.9円、$=4.16RM(14日)(06/17)

メルセデス、域内初のフル電動SUVを発表(06/17)

ペトロナス、石化貯蔵施設が国内最大規模に(06/17)

開発大手エコワールド、中国電建と合弁設立(06/17)

建設GDB、首都圏で29億リンギ相当入札(06/17)

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン