首都高速道が2月着工、中国系が敷設

ラオスの首都ビエンチャンと郊外を結ぶ高速道路が2月に着工する見通しだ。中国と地場の合弁事業が建設に当たる。建設費用は2億米ドル(約218億円)で、2021年2月までの完工を見込む。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が8日伝えた。 ビエンチャン公共事業・運輸局の担当者によ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

トンルン首相、公務員削減の加速を指示(02/18)

統計局、中銀に通貨安定策を要請(02/15)

財務省、19年の関税収入4.4%増を予測(02/14)

後発3カ国の対日輸出2割増 18年は30億ドル、域内では小規模(02/14)

政府、災害管理など4法案審議(02/13)

両備システムズが合弁会社、ICT事業参入(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン