航空インフラ投資に850億元 旅客輸送は11%増、民航局が目標

中国民用航空局(民航局)は7日、北京で開いた全国民間航空行政作業会議で、今年の目標として空港など関連インフラ整備の固定資産投資850億元(約1兆3,436億円)、定時運航率の維持・引き上げ、ペーパーレス化推進や人工知能(AI)活用といったハイテク化、開放の拡大などを打…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中首脳が電話協議、G20サミットで会談へ(12:24)

東亜銀、中国本土事業に増資準備か(12:14)

テイクオフ:弊オフィスの並びにある…(06/19)

テイクオフ:香港にライチの季節がや…(06/19)

テイクオフ:「あんたが焼くと味がぜ…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(06/19)

華為、今後2年間で売上高3兆円減へ(06/19)

華為は「不死鳥」とCEO 低迷覚悟、2年後「さらに強く」(06/19)

NEVの安全性調査、10月末までに報告義務(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン