• 印刷する

テイクオフ:新年早々、昨年6月発送…

新年早々、昨年6月発送のタイの銀行からの手紙を受け取った。口座開設後に住所が変わり、同銀のクレジットカードの請求書の発送先を新住所に変更したが、口座の住所変更手続きは完了していなかったようだ。

タイでは、住所変更後に郵便局に届け出ることで、新住所に一定期間無料で転送してもらうサービスがあまり普及していない。そのためか引っ越した人が自ら発送元などに住所変更の連絡をしない限り、前に住んでいた人宛の手紙が延々と旧住所に届くことが多い。過去には、警察署から旧居住者向けに交通違反の罰金の請求書がいつまでも届き、悩まされた。

くだんの銀行の手紙は、口座を開設した支店が、近くの商業施設内の支店に吸収され、閉鎖するとの内容だった。何かの請求書ではなかったと安堵(あんど)する一方、他にも変更漏れがないかとつい長考した。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン