タイニン省に国内最大の青果加工工場

ベトナムの食品加工大手ラビフードは6日、南部タイニン省で青果の加工工場を稼働させた。投資額は1兆7,800億ドン(7,660万米ドル、約83億円)で、国内最大の加工工場となる。政府公式サイトが伝えた。 敷地面積は15ヘクタール。欧州や日本から最新の設備を導入しており、青果…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

IT産業、20年に需要40万人 越で深刻化する人材不足(下)(04/22)

人材L&A、VCCIと人材ワークショップ(04/22)

ヤマハ、新スクーター「フリーゴー」発売へ(04/22)

ベトナム港湾の貨物取扱量、1Qは7%増(04/22)

ホーチャム開発、さらに5年の延期か(04/22)

神鋼環境、製紙工場向け排水処理施設を受注(04/22)

下水料金改定案、大口は値上げ=財務省(04/22)

燃料と電力の価格上昇、4月の物価押し上げ(04/22)

バンフォン火力発電所に12億ドル=JBIC(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン