• 印刷する

テイクオフ:最近、出勤のバス路線が…

最近、出勤のバス路線が変わった。朝これまでとは違うバス停に行くと、雰囲気が違う。きちんと一列に並んでいる。今までのバス停では、列を作らず雑然としバスが来ると皆が乗車口に集まり、先を譲ったり譲られたり追い越されたりして乗っていく。それがオーストラリア式だと思っていた。

ところが新しい路線のバス停では待つ人々が整然と並び、目的のバスが来ると先頭の人から順に乗車していく。実に行儀が良い。それに気づかなかったこちらは多くの人からのとがめる視線や殺気を乗る瞬間に感じた。バスの路線によってなぜ異なるのだろうか。

これまでの路線は郊外を経由するのに対し、新しい路線はシドニーのビジネス街に直行する。おおらかなオーストラリア式は都市から廃れつつあるのだろうか。(湖城)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(17:01)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(17:01)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

労働党、今年度内に休日手当引き下げ撤回へ(17:01)

コカ・コーラ、スタートアップ企業を支援(04/22)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン