• 印刷する

テイクオフ:地元のジュニア・バレー…

地元のジュニア・バレーボール大会をのぞく機会があった。そこであるチームのオージー監督と知り合い、立ち話した。かつてニューサウスウェールズ州代表選手だったというその中年男性は、こちらが日本人だと知ると、興味深い昔話を語り出した。

彼がまだ若い頃、シドニーで女子バレーの世界大会が開かれ、各国のナショナルチームが来た。彼を驚愕させたのは、全日本女子チームの監督が、選手たちを平手打ちしたり、殴ったりしていたことだった。それを聞いた時、痛ましさと恥ずかしさで、誰が監督だったのかは聞けなかったが、日本人の男だったのは間違いない。

それが昔の話だと一蹴できないのは、いまだに日本ではスポーツの部活動を中心に、過剰なスパルタ指導が幅を利かせているためだ。そのあたり、日本はまだ途上国なんだなと思わされる。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本での一時帰国中の買…(02/19)

日清フーズ、豪穀物製造買収か 中国企業が応札撤退(02/19)

大同出資の豪生保企、個人向け保険販売へ(02/19)

WAの水素生産、日豪褐炭事業の競合に?(02/19)

アダニ炭鉱、湿地帯の保全が新たな障害に?(02/19)

シェル、独社買収で豪蓄電池市場に初参入(02/19)

〔政治スポットライト〕与党保守連合の二党間支持率、労働党に迫る(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

豪系マビン、南部に家畜飼料倉庫を開設(02/19)

北部開発融資のNAIF、農業・観光に注力(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン