• 印刷する

テイクオフ:韓国で最初に開業した産…

韓国で最初に開業した産婦人科医院「第一病院」(ソウル市中区)が廃業の危機に陥っている。高齢出産や不妊治療を専門とする名医が多い有名病院だが、少子高齢化による経営難に加え、理事長の横領疑惑が浮上するなどで信用が失墜している。

ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」などで主演を演じたイ・ヨンエ氏も2人の子どもを第一病院で出産した。同病院の広告塔となり、約1,500万円を寄付するなど積極的に支援してきた。今回、病院の更生に向けて組成されたコンソーシアムに参加する報道も出ている。運営権を取得して直接、経営に参加する可能性もあるという。

当方の妻も長男を第一病院で出産。通院の際に妻はイ氏を何度か見かけたが、妊婦から声をかけられて笑顔で手を振る姿が好印象だったとか。歴史ある病院を支え続けてきたトップ女優の手腕に期待したい。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテケミカル、トルコ大理石企業買収(01/18)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

経済団体と政府が懇談、最低賃金など意見交換(01/18)

財閥の「雇用世襲」廃止の動き、批判沸騰で(01/18)

産業銀行、構造調整担当の子会社設立へ(01/18)

データ・AI分野を育成、活性化計画発表(01/18)

現代自が米国で17万台リコールか=ロイター(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン