• 印刷する

テイクオフ:韓国で最初に開業した産…

韓国で最初に開業した産婦人科医院「第一病院」(ソウル市中区)が廃業の危機に陥っている。高齢出産や不妊治療を専門とする名医が多い有名病院だが、少子高齢化による経営難に加え、理事長の横領疑惑が浮上するなどで信用が失墜している。

ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」などで主演を演じたイ・ヨンエ氏も2人の子どもを第一病院で出産した。同病院の広告塔となり、約1,500万円を寄付するなど積極的に支援してきた。今回、病院の更生に向けて組成されたコンソーシアムに参加する報道も出ている。運営権を取得して直接、経営に参加する可能性もあるという。

当方の妻も長男を第一病院で出産。通院の際に妻はイ氏を何度か見かけたが、妊婦から声をかけられて笑顔で手を振る姿が好印象だったとか。歴史ある病院を支え続けてきたトップ女優の手腕に期待したい。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

化粧品「THREE」、韓国で百貨店に初出店(14:11)

テイクオフ:冬から春へと季節が移ろ…(04/23)

中国ゲーム規制が韓国に波紋 テンセントリスクが浮上(04/23)

再エネ40年に30%台、電力基本計画案(04/23)

生産者物価指数、3月は0.1%上昇(04/23)

韓国製造業、36%が「上期は営業減益」(04/23)

3月ICT輸出16.3%減、全分野でマイナス(04/23)

現代自、印でEVの部品調達を模索(04/23)

バンコクエア、ロッテと空港免税店運営狙い(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン