リオ、WA鉄鉱石輸送鉄道の完全自動化完了

英豪資源大手リオ・ティントはこのほど、西オーストラリア(WA)州ピルバラ地区の鉄鉱石生産で導入した貨物列車の自動化プロジェクト「オートホール」を完了した。昨年7月に初めて自動貨物列車を走らせ、10月までに1日平均34本を運行していた。リオは同プロジェクトに約9億4,…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーにはお酒が好き…(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

〔政治スポットライト〕電力企統制法案、与党が総選挙の争点に(02/18)

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

〔ポッサムのつぶやき〕豪最高裁判所、昨年の満場一致判決は44%(02/18)

非正規社員の二重取り規制、野党が撤回動議(02/18)

AMP通年97%減益、構造改革急務に(02/18)

保険サンコープが異常気象に悲鳴、45%減益(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン