今年の経済成長率3%以下か 鈍化の見方で一致、悪材料多く

香港の2019年の経済成長率が3%を下回るとの観測が業界の間で広がっている。米中貿易摩擦の過熱や住宅市場の下落基調など、複数の不確定要素が内外需に響くとの見方だ。「今年の経済は直近10年平均を下回る」との指摘もある。 香港文匯報が伝えた。各社・機関の中でも、中国の…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ハノイにサンリオ屋内遊園地 東南アジア最大、21年に開業へ(05/20)

テイクオフ:香港政府が国際文化芸術…(05/20)

1QのGDP成長率0.6% 約10年ぶりの低さ、成長予測維持(05/20)

長和・李会長、「貿易戦の影響は軽微」(05/20)

20年の公休日、3連休以上は6回(05/20)

初の競争条例違反、14社に認定(05/20)

空港第3滑走路用の砂、広東省から調達へ(05/20)

徳昌電機が生産移管検討、貿易摩擦受け(05/20)

中原の中古住宅指数、14週連続で上昇(05/20)

反落、米中関係悪化でITに売り=香港株式(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン