• 印刷する

テイクオフ:連休後にインドネシアの…

連休後にインドネシアの人に「日本に帰られたんですか」と尋ねられることは多い。それに答える形で、何気なく相手にも帰省したのかと聞くと「お金がないから帰れない」と言われてしまって、気まずい思いをすることもまた多い。

先日、タクシー運転手と話していると、その日の朝に実母が急逝したのだと語り出した。実家は北スマトラ州メダンから車で3時間ほど離れた村。急いで母親の元に駆け付けたいものの、交通費を捻出するのが難しいのだという。同乗の友人はその話に打たれ、タクシー代に色をつけて運転手に渡した。

首都からメダンへの航空券は片道1万円弱。タクシー会社の報酬はそんなに低いのか?会社から手当てが出るのではないのか?などと邪推してしまう自分が恥ずかしい。この運転手の話がうそであれば、それに越したことはないのだが。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン