SKが米国を成長拠点に 研究施設やEV電池工場設立へ

韓国財閥大手のSKグループが米国で成長の足場を固めている。シリコンバレーではイノベーションを創出する研究開発(R&D)センターの設立を推進。傘下のエネルギー大手、SKイノベーションは電気自動車(EV)向けの電池工場を2022年に稼働させる計画だ。グループの海外売上…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:選手交代は監督の思惑を…(06/19)

現代自EVの世界販売急増 コナが起爆剤、中印でも発売へ(06/19)

SKTとサムスン電子、6G開発で提携(06/19)

韓国LVMC、中国重汽の生産販売を開始(06/19)

サムスンが5G機器に注力、研究人材を増員(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

5G基盤のV2X技術、KTが実証実験(06/19)

自動車部品サンダー、韓国同業と合弁契約(06/19)

ジェネシス初のSUV、11月に発売へ(06/19)

ネクセンタイヤ、米アクセラレーターと提携(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン