バンコク首都圏でヘイズ悪化、通常活動再開で

タイの天然資源・環境省公害管理局(PCD)は6日、同日朝からバンコク首都圏の煙害(ヘイズ)が悪化したと発表した。年末年始は改善していたが、休暇期間が終わり、通常活動が再開されたことが悪化の理由。7日付バンコクポストが報じた。 首都圏の21カ所で、大気中に浮遊する…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:敗者の残骸が、床に散ら…(07/18)

新政権が発足、軍政から移管 大幅賃上げなど公約実現が焦点に(07/18)

適切な経済政策を継続的に=日本人商工会(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

憲法改正、国民の半数が賛成=NIDA(07/18)

連立与党、最賃400バーツへの引き上げ賛成(07/18)

最大野党のタイ貢献党、新党首にソムポン氏(07/18)

バンコク知事選候補、KMITL学長ら浮上(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン