• 印刷する

テイクオフ:今年の年明けは、昨年末…

今年の年明けは、昨年末に訪れたインドからシンガポールに帰る飛行機の中で迎えた。海外暮らしも長くなったが、空の上で年を越したのは初めてだ。

インドを訪れたのは5年半ぶり3度目。以前の2回は仕事だったが、今回は観光目的だ。デリー市内の道路では、車線があるのかないのか分からないような車の流れ、ひっきりなしに鳴り響くクラクションの音など、神経がまひしそうなほどの喧騒(けんそう)に、ああ、これがインドだった、と思い出す。さらにアグラでの象乗り、ジャイプールでのオートリキシャ(三輪タクシー)に乗っての市内観光は、テーマパークのアトラクションかと思うほどスリル満点だった。

休暇のひととき、同じアジアでも当地とはまるで違った世界を肌で感じることができた。ただ食事が毎回、カレーだったのには少々閉口。日本食レストランが立ち並ぶシンガポールがいささか恋しくなった。(墺)


関連国・地域: シンガポールインド日本
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン