• 印刷する

昨年10月の月額平均賃金317万ウォン

韓国雇用労働省が発表した「事業体労働力調査結果」によると、2018年10月の常用労働者1人以上の企業における1人当たりの月平均賃金は前年同月比3.3%増の316万7,000ウォン(約30万7,000円)だった。

産業別で平均賃金が最も高かったのは「金融および保険業」で、3.1%増の506万3,000ウォンだった。伸び率では、「宿泊および飲食店業」(174万9,000ウォン)の7.4%増が最高。「製造業」は4.2%増の365万4,000ウォン、「建設業」は7.3%増の271万8,000ウォンだった。

事業規模別でみると、従業員300人以上の企業は469万1,000ウォンと、0.2%増加。300人未満の企業は3.9%増の288万1,000ウォンだった。

常用労働者1人以上の企業における1人当たりの月平均労働時間は166.9時間と、前年同月に比べて25.9時間増加した。産業別では「鉱業」の183.9時間(22.5%増)が最長だった。労働時間が最も短かったのは、「電機、ガス、蒸気および水道事業」で142.4時間(14.9%増)。「製造業」は182.1時間(20.2%増)だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月10日、南東部の浦…(02/20)

板橋がIT都市の地位確立 域内売上高が拡大、企業交流活発(02/20)

1月自動車産業、現代自好調で全項目増加(02/20)

現代自の主力セダン・ソナタ、8代目生産(02/20)

シルクエアー、5月に釜山直行便を就航(02/20)

現代自が外部監査人交代、30年ぶり(02/20)

駐車場拠点にEVサービス、Eマートが拡大(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

JALサーチャージ値下げ、韓国は300円に(02/20)

配車サービスに牙向くタクシー、業者を告発(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン