• 印刷する

中国などと租税条約、1月から発効

カンボジア政府は、中国、ベトナム、ブルネイの3カ国との間で、1月1日から租税条約が発効した。二重課税の防止や貿易拡大を見込む。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

カンボジア政府は、中国と2016年10月、ブルネイと17年7月、ベトナムと18年3月に租税条約を締結していた。カンボジア租税総局(GDT)の幹部は「投資誘致や雇用創出が増え、税収も増えるだろう」と期待を示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

児童暴力防止に2.2億円供与、日本政府(20:28)

中国が40億元無償支援 首脳会談、貿易額も倍増へ(01/23)

首相が中国で投資呼掛け、行政効率化を強調(01/23)

40経済団体、EU制裁手続きに「深い懸念」(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

縫製労働者世帯の4割、小口金融から借入れ(01/23)

チップモンが銀行始動、ITサービスに注力(01/23)

精米前ならEUへ無税輸出可、アムルライス(01/23)

ベトナム国境の市場は4月開業、商業省(01/23)

外国人7万人摘発、不正な身分証保有で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン