• 印刷する

18年エネルギー・鉱物資源投資、目標の9割

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、2018年のエネルギー・鉱物資源分野への投資額が320億米ドル(約3兆4,665億円)だったと明らかにした。17年実績に比べて16%増加したものの、18年目標額の9割弱にしか届かなかった。4日付ビスニス・インドネシア、インベストール・デーリーが伝えた。

石油・ガス、電力、再生可能エネルギーの3分野の投資額は、目標額の8~9割にとどまった一方で、鉱物資源分野は目標額を1割上回った。

同省のアルチャンドラ副大臣は、投資額の低迷要因について「15~16年に行われた石油・ガス鉱区の入札で、落札業者がまったく決まらなかったことが、新規投資が減った理由だ」と説明した。

エネルギー・鉱物資源分野の投資額は、14年の335億米ドルをピークに、17年まで毎年減少を続けていた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

配車アプリの事業許可、手数料引き下げ要請(13:05)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(18:04)

工場火災で30人焼死、経営者らを容疑者認定(14:39)

テイクオフ:ジャカルタ郊外でバイク…(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

スマホアプリで口座開設進む 民間最大手、年100万人集客へ(06/24)

中国開発大手、カラワンで工業団地の起工式(06/24)

ガルーダ航空系、プノンペン線就航(06/24)

5月の自動車販売台数は16%減、速報値(06/24)

スズキ、ジムニーの新モデルを近く国内発売(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン