パナが台湾でスマート本格化 高速電力線通信技術、台電が採用

パナソニックがアジアでスマートホーム事業を拡大しようとしている。その軸の一つとなるのが、電力線を高速通信ネットワークとして使用できる技術「HD―PLC」だ。台湾では公営電力企業、台湾電力(台電)が2024年までに300万世帯でのスマートメーター設置を計画しているが、そ…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:正直、ひっくり返るとは…(06/19)

華為売上高減ショックに注視 台積電など、業績下方修正は必至(06/19)

1~5月の半導体生産機械輸出額、過去同期最高(06/19)

グーグル中華圏トップ、初の台湾人陳氏が就任(06/19)

古河電工の工場で火災、死傷者はなし(06/19)

JDI「財務安定化」急ぐ、株主は先行き不安視(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

国光生技、第2充てんライン21年量産開始へ(06/19)

桃園駅前の店舗賃料、サツドラがトップ(06/19)

精密金属加工の宇隆、台湾で生産拡大(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン