サムスン、端末販売で富裕層など向け強化

韓国系タイ・サムスン電子(TSE)は、携帯端末販売の競争に勝ち抜くため、社会的影響力を持つ富裕層であるモダンラグジュアリー、1980年代以降に生まれたミレニアル世代、2000年以降に生まれたZ世代向けのマーケティングを強化する計画だ。27日付バンコクポストが報じた。 ワ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(18:04)

テイクオフ:フランスで開催中のサッ…(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

【ASEAN戦略】年3~5%以上の成長見込む 横河電、成熟度に応じたサービスで(06/24)

プラユット首相、タイの政治的安定を強調(06/24)

ASEAN、34年W杯の共同開催を目指す(06/24)

5月輸出は5.8%減、3カ月連続マイナス(06/24)

5月の新車販売、3.7%増の8.8万台(06/24)

2019年5月のタイの新車販売台数(表)(06/24)

BMWのEV電池、7月に現地生産を開始(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン