• 印刷する

《日系進出》カナミックが大連に子会社、海外初拠点

介護ソフトウエアや介護システムの開発などを手掛けるカナミックネットワークは27日、23日付で遼寧省大連市に100%出資の子会社を設立したと発表した。同社初の海外拠点で、ソフト開発力の強化が目的。

大連子会社の社名は康納美克(大連)科技で、資本金は1,000万円。システム開発を手掛ける。

カナミック管理部の担当者によると、大連子会社の事業開始は年明け以降を予定。中国を海外拠点第1号の設立先に選んだ理由として、これまでも中国人とソフト開発を続けてきたことを挙げた。


関連国・地域: 中国-大連日本
関連業種: IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

華為、ミャンマーのICT人材育成で覚書(13:45)

「小康社会」へ弱点補強、中央財経委(13:17)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(14:21)

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン