【ラオス経済通信】タイ系総合病院の参入続く 第132回

12月16日、ビエンチャン・ラム・インターナショナル病院(VRIH)の合弁契約が締結され、タイの私立病院大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシズ(BDMS)傘下のラムカムヘン病院(ヴィラットスーンイム社長)とラオス投資家代表(ヴィライカム・シーパンドーン女史…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コメの生産量目標、350万トンに引き下げ(11/15)

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン