• 印刷する

シエムレアプ州、外国人の事件・事故100件

カンボジア北西部シエムレアプ州で、年初からこれまでに外国人が巻き込まれた事件・事故が計100件起きたことが分かった。被害者は23の国と地域に及ぶ。ニュースサイトの柬中時報が伝えた。

シエムレアプ州は世界遺産のアンコール遺跡群がある観光地。シエムレアプ州警察の外国人苦情ホットライン作業グループが、四半期総括会議で明らかにした。事件・事故の形態は、強盗、交通事故、誘拐、通信手段による詐欺、疾病などという。

担当者は「各国の領事館と良好な協力関係を維持し、速やかに問題を解決している」と説明した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

会社登記1.4万件に倍増 18年1~11月、商標登録も増加(02/15)

近鉄エクスプレス、首都空港に事務所開設(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

商業省、EU制裁手続き受け対策協議(02/15)

首相長男、EU制裁は「試されている」(02/15)

首都渋滞緩和へ特別チーム組織、国家警察(02/15)

エミレーツ、バンコク―プノンペン線就航へ(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ABA銀、11支店新設を計画(02/15)

教育省、中退者の海外出稼ぎを懸念(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン