台風でぜんそく増加、気温上昇も疾病誘発

アレルギーの原因物質「アレルゲン」と台風との関連性が注目されている。香港では昨年9月に襲来した台風22号(アジア名:マンクット、中国語名:山竹)の後、ぜんそくの症状を訴えて病院を受診する人が急激に増えたと専門家は指摘。台風はダニや花粉を飛散させるだけでなく、倒れ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

DBS、香港の18年純益37%増=過去最高(12:33)

テイクオフ:香港では最近、政府が定…(02/18)

地場漁業の振興に着手 養殖場を増設、漁獲量6倍超へ(02/18)

羽田空港がPR、SNS通じた魅力発信で(02/18)

1月のコンテナ取扱量、12カ月連続マイナス(02/18)

1月の空港統計、貨物のマイナス続く(02/18)

大埔の宅地、新鴻基が63億ドルで落札(02/18)

顧客数2倍へ、新サービスで=信銀国際(02/18)

MPF改革で税控除増額など5提案、金発局(02/18)

続落、本土経済指標が売り材料=香港株式(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン