本田選手の活動に「懸念」、人権団体

【プノンペン共同】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは18日までに、サッカー元日本代表の本田圭佑選手に対し、重大な人権侵害に関わった疑いがある人物の下でカンボジア代表の実質的な監督を務めていることに懸念を伝える書簡を送ったと発表した。 書簡は3日付で、問題…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

韓国の双竜自、首都に旗艦販売店を開設(02/19)

カジノ運営ナガコープ、18年は純利益53%増(02/19)

中学中退者向けネット教育、試験運用始まる(02/19)

外国人の4割が不法滞在、取り締まり強化へ(02/19)

南部の太陽光発電計画、環境評価を実施(02/19)

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン