高速道の速度超過、16年9月から4万台摘発

ミャンマーの交通警察当局は2016年9月以来、最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ高速道路で、3万8,485台の車両を速度制限違反で摘発したことを明らかにした。ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)が18日伝えた。 高速道路の速度制限は時速100キロメートル。建設…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

中国企業のミャンマー生産移転、電力が障壁(06/25)

全国の自動車販売店、5月時点で120店に(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

今年度の税収、5月までで4兆チャット超(06/25)

ヤンゴン、道路整備と電力供給の予算を拡大(06/25)

昨年10月~4月の対中貿易額、67億米ドル(06/25)

マンダレー管区、雇用創出担当省を創設(06/25)

ウィン・カイン電力相、病気で療養中(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン