来年のハラル認証義務化、食品業界が異議

インドネシア飲食品業者連合(Gapmmi)は、来年10月から全ての飲食品や化粧品・医薬品にハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証の取得が義務付けられることに対し、異議を表明した。認証取得コストが大きすぎることなどを理由としている。19日付ジャカルタ・ポストが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

バンドン高速鉄道、首都―カラワンが15分(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

米エクソン、下流事業に多額投資を準備(07/23)

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン